釣具 ブンブン

釣具のポイント

釣具のポイントといっても、そもそも「釣り」にも色々な種類があって、それぞれに必要な釣具が違ってくるのでなかなか難しいものです。ただ、初心者が始めて釣りの舞台を経験するのは、たいていの場合、堤防での釣りなので、堤防での釣りを想定して釣具を準備すればよいでしょう。

そのようなお手ごろの釣具、釣り道具をそろえるには大手の釣具屋(フィッシングショップ)が便利です。たいていの場合、大手の釣具屋さんでは、釣れる魚に応じて竿とリール、釣り糸や仕掛けがセットになっているものが安価に特売されています。そのようなお手頃な釣具セットは友達に誘われていく場合とか今回限り、後はいつになるかなんて考えている人には打ってつけです。魚の種類にも寄りますが、3000円〜5000円もあればもう立派な釣り師に変身できますよ。

釣具の手入れ

釣りから帰ってきたら、釣具の最低限の手入れをしておきましょう。今の釣具は防錆処理をしているものが大部分なので、海水や水で流すだけでOKですが、針や仕掛けは鉄が使われているものが多いので、水で流した後は充分に水気を切っておくことが重要です。また、仕掛け糸は、とても大事です。道糸よりは細い場合が多いので、次の釣りに行くときのために取り替えておいたほうが良いでしょうね。

釣具の値段はピンキリで、一生もの、というぐらい高価な釣具もあります。釣りは自然を相手に魚と話をするゲームです。楽しみ方も夫々、わざと細い釣り糸で、魚とのやり取りを楽しむ人、とにかく量が大事と大漁を好む人、連れない魚を何日も追いかけ、魚とのお話を好む人、あなたもこの釣りという魔物のとりこになったら釣具を大切に扱いましょうね。